札幌市西区 老朽化マンション庇(ひさし)崩落事故

札幌市西区の老朽化マンション庇(ひさし)崩落事故

平成29年3月3日札幌市西区にある賃貸マンション「宮の沢ハイツ」の屋上の庇(ひさし)が約30メートルにわたり崩落しました。
この事故に対して、弊社代表栃木と設計担当の成田が、テレビ取材を受けております。

  • HBC北海道放送 今日ドキッ!
  • HTB北海道テレビ放送 イチオシ!
  • STV札幌テレビ放送 どさんこワイド179

今回の当該物件では3年に1度札幌市への定期報告が必要ですが、少なくとも1998年から未報告だった事が確認されているようです。

負傷者が出なかったことが不幸中の幸いですが、被害にあわれた方々の心身的・経済的負担を考えると、「負傷者が出なくて良かった」では済まされない事故です。
ほんの少しタイミングがずれていれば、落下してきたコンクリート片で怪我をしてしまう歩行者がいたかもしれません。

札幌市内でも定期報告対象物件の15%程度が未報告です。建物所有者(管理者)の方は今一度、維持管理体制の見直しを徹底していただきたいと考えています。


関連ニュース一覧へもどる>>

PAGE
TOP